読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
管理人のプロフィール・連絡先などはこちらから。

もしも桃太郎を浜田省吾が歌ったら

 

『I am a Peach BOY』

 

俺は桃の中 孤独に震えていた

ドンブラコと辿り着いた先には

温かい顔のGrand mother

空っぽだった心のグラス 満たされたのさ

 

鬼達が荒らしていった村には

寂れた映画館とバーが5、6軒

Ah 冷たい川の水にかじかむ手で

俺を育てる Grand mother

 

I am a Peach BOY 俺に名前がついた

スクスクと育ったのさ 生存競争の中で

 

苦しい生活に疲れ果て

俺に夢を託し 逝ったGrand father

俺は十六 怒りを旗に刻みこんで

鬼を倒すため 村を出たのさ

 

物欲しそうに俺を見ている

犬と猿とキジとJ.BOY

Ah 団子で繋がっただけの仲間だけど

この週末の夜は俺にくれないか

 

I am a Peach BOY 鬼ヶ島に着いたのさ

キジは金持ちの男とどこかへ飛んでった

 

鬼ヶ島にはプール付きのマンション

ドンペリニヨンを飲む鬼に襲いかかる

血と悲鳴に汚れていく俺達の身体 

隙を突かれて逝ったJ.BOY

 

鬼と仲間達の血の池と屍の上

取り戻した美しい財宝に囲まれた俺

Ah 路地裏から怯えて見つめる鬼の子供

争いの種がまたひとつ植え付けられた

 

I am a Peach BOY 何のための戦いだった

財宝の上に悲しみが 雪のように降り積もる

 

Ah 俺は手にしたBig money

婆さんの足元に叩きつけた

 

(管理人のツイッターアカウントはこちらです。よろしければフォローお願いします)

 

 

The History of Shogo Hamada―Since 1975

The History of Shogo Hamada―Since 1975

  • アーティスト: 浜田省吾,愛奴,江澤宏明,板倉雅一,星勝,水谷公生,町支寛二,梁邦彦
  • 出版社/メーカー: ソニーレコード
  • 発売日: 2000/11/08
  • メディア: CD
  • クリック: 80回
  • この商品を含むブログ (51件) を見る