読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
管理人のプロフィール・連絡先などはこちらから。

もしもイクラちゃんが言葉の勉強をしたら

 

 

「はじめまして。今日はイクラちゃんと一緒に言葉の勉強をしたいと思います」

「ハーイ」

「イクラちゃん、今日も頑張りましょうね」

「バブー」

「ちなみの今日のお勉強のことは誰にも言っちゃダメですよ。禁句ですからね」

「タブー」

「なんでもイクラちゃん、アレに手を出してひと儲けを企んだところ、逆に借金を背負ったようですね。一体何に手を出したんですか?」

「カブー」

「素人が株に手を出すのは危ないですよ。危ないといえばそう、毒蛇ですね」

「ハブ―」

「おっと大変、咬まれてしまいました。すぐにお医者さんへ行かないと。タクシーを呼びましょう」

「キャブ―」

「えっ、医者なのに治療法がわからない?」

「ヤブ―」

「なんという医者だ。許せない。パンチでも喰らえ!」

「ジャブー」

「うう、咬まれたところに虫がたかってきたぞ」

「アブー」

「虫の存在を無視できない。なんちゃって!」

「サブ―」

「仕方ないですね。薬を打って忘れましょう」

「シャブー」

「薬を打って気分が」

「ハーイ」

「喉が渇いたのでインドのお茶でも飲みましょう」

「チャーイ」

「それにしてもインドにはいろんな動物がいますね。あの鼻からツノが生えているのは」

「サーイ」

「海の幸も豊富ですね。アワビ、シジミ、ハマグリ……」

「カーイ」

「ん、あの魚はたしかおめでたい時なんかにお頭付きで食べるやつだ」

「ターイ」

「お金がないと何もできないなあ。でも貸してくださいなんて恥ずかしくて言えないし。こう見えても僕は」

「シャーイ」

「そうだ、あそこにいる人を脅してカツアゲをしましょう。おうおう、おどれ一体ナンボのもん」

「ジャーイ」

「逆に殴られてしまいました」

「ジャブー」

「あっ、もう殴らないでください。このままじゃ死んじゃう」

「ダーイ」

「うう、イライラしてきた。あれをひっくり返したくなってきたぞ」

「チャブー」

「ダーイ」

「仕方ない、カンパを募ってお金を集めるために、ウソをつきましょう」

「ラーイ」

「あっ、お金を入れてくれたぞ。それも、とてもキレイな女性が!」

「マブー」

「まあ僕は女性だけではなく、男性も恋愛対象なんですけれどね」

「バーイ」

「すごい。もうこんなにお金が集まった。やっぱり世の中には人間にとって一番大切な、あれがあふれているなあ」

「アーイ」

「それを英語で言うと?」

「ラブー」

「そして集まったお金で」

「カブ―」

「もしくは」

「シャブー」

「今日の言葉の勉強はここまで。それでは皆さんごきげんよう」

「バーイ」

 

(作者のツイッターアカウントはこちらです。よろしければフォローお願いします)

 

サザエさん音楽大全

サザエさん音楽大全