読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
管理人のプロフィール・連絡先などはこちらから。

クソレビューだらけの桃太郎

 

 

★☆☆☆☆ 無題

投稿者:◆おばあさん◆

やっとドンブラコされてきたのに桃が割れていました!
配送にはもっと気を使ってほしいです……。

 

 

★★★★★ 待っていました!

投稿者:赤鬼

まだ退治されていませんが期待を込めて★五つです♪

 

 

★☆☆☆☆ 味を間違えた

投稿者:サルサルサル

あんこ入りのきび団子が食べたかったのに間違えてみたらし味を注文してしまった
みたらしは食べられないので☆ひとつです

 

 

★★☆☆☆ 初心者には厳しすぎるのでは?

投稿者:キジっち

私はおとぎ話初心者なのですが、唐突な桃の登場や桃太郎の誕生についていけませんでした。
鬼ヶ島について調べようとしても、説明書が難しくてわかりません。
ドンブラコってなんなんですか?
こういうのは上級者向けだと思います。知っていたら買いませんでした。
初めてのおとぎ話だったので簡単なものを選びたかったのに、残念でした……。

 

 

★☆☆☆☆ 作者の人格を疑う

投稿者:金太郎

作者はツイッターなどで問題のある発言を何度もして、まとめブログなどで何度も炎上している
そんな人間が作った作品だから内容はきっと酷いのだろう
賢い人間はこういう炎上ビジネスには協力してはいけない
買う人間もきっと、作者のように歪んだ性格の持ち主に違いない

 

 

★☆☆☆☆ くそ

投稿者:urashimatarou


なにこれ
つまんな
たのしめるのオタクだけでしょ

 

 

★★☆☆☆ こういうのが今は受けているのか

投稿者:O-G-SANG

食べ物で動物をつって下僕にしたり、鬼達に暴力を振るったりと、あまりにも表現が軽くて品がない気がする。
私達の時代にも若者達の衝動を描いたアウトローな作品はあったが、もっと文学的な薫りが漂っていた。
単なる勧善懲悪に留まっている世界観も安易だ。おせっかいかもしれないがもっと「竹取物語」や「かちかち山」など過去の名作を読んで勉強してほしい。
それとも、こういうのが今の若い人たちには受けているのだろうか。
楽しめなかったということは私が年をとった証拠なのかな(^_^;

 

 

★☆☆☆☆ 酷い反鬼

投稿者:カスタマー

これはまるで桃太郎達が正当性を持って鬼を攻撃したように描かれていますが、実際は常日頃から桃太郎達によって鬼達の生活が脅かされています。
なんでもかんでもドンブラコだという姿勢は、桃太郎達を増長させて鬼ヶ島の国益を損なうだけでしょう。
作者や製造元はたしか岡山県ですよね。岡山県と桃太郎の長年に及ぶ黒い関係はインターネット上でも指摘されています。
こういうのを平気で流通させる業界の在り方が信じられない。桃太郎達に支配されているのでは?
ちょっと検索すればまとめブログなどで出てくるのですから、みんなもっと真実に目覚めるべきだと思います。

 

 

★★★★☆ 壮大なる愛の抒情詩

投稿者:✝狗 -under dog-✝

愛……そう愛だ。
この作品を目にした時、私は幼子の頃に感じた母の温もりを思い出した――。
桃色の甘い果実に包まれた子供の姿に、優しさを求めていたかつての自分を重ねながら……。

私はうまく人付き合いができない。
愛おしく思えば思うほど、その人を傷つけたくないのに、傷つけてしまうのだ。
あの時も……。
だから私は何もかもを拒否した。否定した。愛の存在を信じなかった。
でも結局は、自分が傷つきたくなかっただけなのかもしれない。
これは私の傲慢(わがまま)。

 

でも――桃太郎は違った。優しさのため、受けてきた恩を返すため。
傷ついたからで、恐怖がこの身を焼き焦がしても、ガラスのような愛を貫いた。
このドラマは私のために作られた、美しい愛の讃歌なのだ。

 

私もまた誰かを愛せるだろうか。私のきび団子はどこにあるのだろう。
それを探す旅は、まだ始まっていないのかもしれない――。

 

 

★★★★★ 助かりました!
投稿者:桃ちゃんで~す!

この作品をポケットに入れていたおかげで銃で撃たれても死なずにすみました!
いや~ありがとうございました!

 

 

(作者のツイッターアカウントはこちらになります。よろしければフォローお願いします)