読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
管理人のプロフィール・連絡先などはこちらから。

じゃがいもBL

 

 

 メークインは朝からウキウキ気分で歩いていた。今日は憧れのじゃがいもである源平イモと一緒に、農協までトラクターでドライブデートをするのだ。

 源平イモはその端正なフォルムと甘い味(マスク)、煮崩れのしにくさによって多くの女子から絶大な支持を受ける人気のイケじゃがいもであり、メークインもまた源平イモに対し恋の芽が芽生えていた。

 けれど、こんな想いが通じるわけがないとメークインは諦めていた。なぜなら、メークインと源平イモは男同士だったからだ。いつも源平イモの周りを女子達が、芋の子を洗うように集まっているのを、遠くからただ眺めているだけの恋だった。

 そんなメークインの視線に、源平イモは気付いていた。実は彼もまた、メークインに恋をしていたのだ。彼からこないのなら、自分から行くしかないと思った源平イモはメークインに告白した。突然の出来事に戸惑い、僕はからかわれているのか、芋の煮えたもご存じないと思われているのかと疑ったメークインだったが、彼の想いが本物だと気付いたとき、燃え上がった恋心は芋づる式にさらけ出され、二人は同性という状況をなんのその、たどたどしくてイモくさい交際をスタートさせたのだ。

 恋芋同士になって初めてのデート。メークインが畑で愛する芋を待っていると、男たちが農道の向こうからゴロゴロと転がってきた。

 見覚えがある。あのゴロゴロ具合だとあいつはこの界隈じゃ有名なゴロつき、男爵イモだ。

「メークインじゃねえか。へへへ、こんなところで何やってんだよ。畑なんかでポテっとしてねえで、俺達とイイコトして遊ばねえか」

「ごめん。僕は今日、大事な用事があるんだ」

「へへへ、どうせ源平のやつを待っているんだろ。あいつは来ねえよ。あいつのトラクターのタイヤを、ズタズタにしてやったのさ」

「な、なんだって!」

 そのとき、男爵が引き連れた男たちが一斉に、メークインの身体を拘束し、メークインは身動きが取れなくなっていた。

「お、おい男爵! これは一体何のつもりだ!」

「何って決まってんだろ。お前を美味しく料理してやろうってのさ。へへへ、俺は昔からお前が好きだったんだ。その瑞々しい色合いに程よい凸凹具合、お前のことを考えるだけで俺はもうフライドポテトになっちまうんだよ」

 そういうと男爵は男たちに命令し、メークインをまるでマッシュポテトにするかのように地面へと押し倒させた。

「くそ、やめろ! こんなことすると源平イモがただじゃすまさないぞ!」

「へへへ、誰も来やしねえさ。おっと、ちょっとでも抵抗するとお前の大事なデンプンが紫色になっちまうぜ。これはフカシじゃ無えぞ、俺はフカシ芋じゃねえんだ」

 男たちの魔の手がメークインへと伸び、その皮を強引に剥がしていく。

「そう嫌がるなよ。すぐに気持ちよくヌイてやるぜ……お前のアクをな!!」

「くそ、悪はお前のほうだ……! 源平、早く来て! 助けて!」

「この反応だとお前、新じゃがだな。くくく、興奮しすぎて思わずポタージュスープが出ちまいそうだぜ」

 抗うメークイン。しかし、男たちはビクともしない。そのうちに男爵の手によって、メークインの恥ずかしいじゃがりこがおジャーマンしますと言わんばかりにニョッキとさらけ出される。

「何だお前、じゃがいものくせにこんなに立派なサツマイモが付いてるじゃねえか。ますますたまんねえぜ。俺の石焼き芋ももうアツアツだ」

「ふん、どこが石焼き芋だ。お前のなんかせいぜい干し芋じゃないか。コロッケにもなりゃしないよ!」

 羞恥に見舞われるメークインだったが、こんなやつに怯む訳にはいかない。強がりを言ってみせた。

「この野郎、ちょっとスイートポテトな顔してるからって調子に乗りやがって……これでもまだそんな強がりが言えるのか?」

 男爵のゴツゴツとしたボディがメークインを襲う。羞恥と屈辱がメークインを満たす。こんなやつに調理されたくない。それなのに、メークインの身体は少しずつ反応を示していった。

「くそ、ブサイクな不良品のイモめ……僕に触っていいイモは源平だけだ!」

「ひひひ、せいぜい喚いてろ。そんなこと言ってもお前のサッポロポテトは、もうこんなにつぶつぶベジタブルじゃねえか」

 悔しさに奥歯を噛みしめるメークイン。このままじゃ、僕は本当にじゃがバターになってしまう……!

「おいおい、こんなに敏感なんじゃ、こいつ吹いちまうんじゃないか? とんだ粉吹き芋だぜ!」

 顔を背けるメークインだったが、まるで源平を裏切っている気持ちだ。こんなゴリライモに好き勝手されるのは嫌だ。頼む源平、早く助けに来て――!

「もう出そうなんだろ? ガマンしてんじゃねえよ、自分の身体に正直になって……芽、出しちまいな!!」

 そのとき、爆音とともに畑の中から一台のコンバインが飛び出してきて、男爵たちを次々と跳ね飛ばしていった。

「俺のメークインに手を出しやがって……お前ら全員、無人販売所行きだ!」

 言うやいなや、コンバインから降りてきたのは源平だった。

「げ、源平!」

「大丈夫か、メークイン! ああ、こんなに悲惨な姿にされちまって……俺がもうちょっと早く来れたなら!」

「ううん、来てくれるって信じてた。嬉しいよ。あれ、おかしいな。目からヴィシソワーズが……」

 そしてメークインと源平は抱き合い、二人で愛の二毛作を誓うのだった。

 

 (作者のツイッターアカウントはこちらです。よろしければフォローお願いします)