読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
管理人のプロフィール・連絡先などはこちらから。

津田大介

俺の大介がこんなに総受けなわけがない

ジャーナリストの津田●介は疲れていた。先程、週刊フ●テレビ批評の収録を終えて局を出たばかりである。このまま帰って眠ってしまいたいが、彼には明日に〆切を控えた原稿が残されていた。 「はあ、いい天気だ。中央公論新社から新刊『動員の革命 ソーシャル…