管理人のプロフィール・連絡先などはこちらから。

制約だらけの桃太郎

 

 

制約:「桃」「おじいさん」「おばあさん」「犬」「猿」「キジ」「鬼」「きびだんご」「山」「柴刈り」「川」「洗濯」「どんぶらこ」「日本一」「家来」「宝」の使用禁止

 

 昔々、あるところに高齢の男性と高齢の女性が住んでいました。高齢の男性が周囲より標高の高い地形へ剪定作業に、高齢の女性が細長い地形に絶えず水が流れる場所で衣類の汚れを排除していると、上流から大きな学名Amygdalus persicaが大仰な擬音と共に流れてきました。

「こんなに大きなAmygdalus persicaは見たことないわ。これは良いみやげになるわね」

高齢の女性はその時折お尻の隠喩として使われる果物を持ち帰り高齢の男性と二人で割ってみると、中から元気のいい男の子の赤ん坊が飛び出して来ました。子供がいなかった高齢の男性と高齢の女性は大喜び。シロップ漬けの缶詰にすると美味しいそれから生まれた子供だったので、それらしい名前を付けました。それらしい名前の付いた赤ん坊はスクスクと育ちました。

そしてある日、それらしい名前の付いた男の子が言いました。

「僕、大きな身体で巻き髪に角を生やし、牙を覗かせてトゲの付いた金棒を振り回す妖怪を退治するために、大きな巻き髪に角を生やし、牙を覗かせてトゲの付いた金棒を振り回す妖怪ヶ島へ行ってきます」

 高齢の女性の作った岡山県の銘菓を持ったそれらしい名前の付いた男の子は、「国内最高峰」と書いてある旗を掲げて旅立ちました。

 その途中、Dogと出会いました。

「それらしい名前の付いた男の子さん。どこへ向かうのですか?」

「これから大きな身体で巻き髪に角を生やし、牙を覗かせて(中略)ヶ島へ、大きな身体で巻き髪に角を生やし、牙を覗かせて(中略)退治へ行くんだ」

「でしたら腰に付けた岡山県の銘菓をくれたらお供しますよ」

 Dogは岡山県の銘菓をもらい、それらしい名前の付いた男の子のペットとなりました。

 そして、今度は원숭이と出会いました。

「それらしい名前の付いた男の子さん、どこへ向かうのですか?」

「これから大きな身体で(中略)ヶ島へ、大きな身体で(中略)退治へ行くんだ」

「でしたら腰に付けた岡山県の銘菓をくれたらお供しますよ」

 원숭이は岡山県の銘菓をもらい、それらしい名前の付いた男の子の奴隷となりました。

 そして、今度はЗелёный фазанと出会いました。

「それらしい名前の付いた男の子さん(中略)」

「これから(中略)」

「(中略)」

 Зелёныйфазанは岡山県の銘菓をもらい、それらしい名前の付いた男の子のメルマガ会員となりました。

 こうして、Dog원숭이、Зелёныйфазанの三匹を引き連れたそれらしい名前の付いた男の子は、(中略)ヶ島へ着きました。

 そこでは大きな身体で巻き髪に角を生やし、牙を覗かせてトゲの付いた金棒を振り回す妖怪が酒池肉林の限りを尽くしていました。

「みんな、ぬかるなよ! それ、かかれ!」

 それらしい名前の付いた男の子達は一斉に襲いかかりました。それらしいの付いた男の子は斬りつけ、Dogは噛み付き、원숭이할퀸다、ЗелёныйфазанはЭто pokes с клювом.!!

大きな身体で巻き髪に角を生やし、牙を覗かせてトゲの付いた金棒を振り回す妖怪が、大きな身体で巻き髪に角を生やし、牙を覗かせてトゲの付いた金棒を振り回してきました。

「まいったまいった、降参だぁ。助けてくれぇ」

 ついに(中略)の親分が手をついて謝りだしました。

 (中略)から取り上げた福沢諭吉を積んで帰ったそれらしい名前の付いた男の子達は、いつまでも幸せに暮らしましたとさ。

 

 

制約:断定的表現及び信頼性の高い情報の禁止

 

 おそらく昔、お爺さんのような存在とお婆さんのような存在が暮していたような気がする。お婆さんのような存在が洗濯っぽいことをしているかもしれないときに大きな桃のような物体が流れてきた可能性が極めて高い。

 大きな桃のような物体を割ったら中から元気な赤ん坊らしき生物が飛び出してきたので「なんとか太郎」という名前を付けたとは一概に言えない。

 いつだったか、なんとか太郎は「あの場所へアレを退治してきます」と言っていたように思える。お婆さんのような存在が作ったかもしれない餅菓子的な何かを腰に付け、「国内ランキングでそこそこ高い順位」と書いてある旗を携えて、なんとか太郎が旅立ったと東スポ。

 その途中で犬っぽいもの・猿っぽいそれ・雉っぽいやつに出会ったなんとか太郎は三匹をお供に引き連れて鬼ヶ島に到着しましたか?

 『月刊ムー』今月の特集:鬼ヶ島では鬼達が金銀財宝に囲まれて遊んでいる!!

 なんとか太郎達は一斉に襲い掛かり、なんとか太郎は刀で斬りつけ、犬っぽいものは噛み付き、猿っぽいそれはひっかき、雉っぽいやつはくちばしでつついたってコピペブログに書いてあった。

「そしたら鬼は『まいったまいった、もう悪さはしないから許してくれ』と言っていたんですよ。土下座してね」(鬼業界に詳しい事情通A)

 そしてなんとか太郎達は鬼達から取り上げた金銀財宝を持ち帰り幸せに暮らしましたとさ(ソースはwiki)。

 

 

制約:怪談風に表現しなければならない

 

 昔、お婆さんがね。川へ洗濯に行ったんですよ。不気味な川でね。村の人から色んな噂が絶えない川だったんです。夜になると怪しい鳴き声が聞こえるとかね。やだなぁ、怖いなぁって思いながら洗濯に行くとですよ、何かゾクッと寒気のようなものがしたんです。そんでお婆さんがバッと後ろを振り向くと……誰もいない。気のせいか、と思いながら洗濯を続けたんです。するとですよ、川上からなにかこう、ドンブラコ、ドンブラコって感じの音がして、お婆さんが怖い怖いって思いながらそ~っと川上を覗いてみたんです。するとワッ!! ……って大きな桃が流れてきたんですよね。お婆さん怖くて動けなくなって、見間違いだ、気のせいだって思いながら目をそらした。でもやっぱり気になってまた川上のほうを見ると……桃が近づいていたんです。お婆さんも恐怖でうわぁ!ってなって、思わず桃を持ち帰った。そんでお爺さんがその桃を割ることにしたんですよ。やだなぁ、怖いなぁって思いながら桃を割ってみたら、中にはなんと……何もいなかった。そのとき、お爺さんは思い出したんです。そういえばあの川、数年前に子供を病気で亡くした若い女が、身を投げて自殺した場所だったって。こういうことも、あるんですね……。

 

 

制約:百文字以内に収めなければならない

 

爺と婆は拾った桃から生まれた赤子に桃太郎と名付ける。成長した桃太郎は鬼を退治するため婆が作ったきび団子を持って旅立ち、犬・猿・雉を引き連れて鬼ヶ島へ。鬼を退治した桃太郎は財宝を持ち帰り幸せに暮らした。

 

 

制約:五十文字以内に収めなければならない

 

婆が桃拾って中から赤子。命名桃太郎。団子持って鬼ヶ島。犬猿雉買収。鬼共退治し金品押収。幸せに暮らす。

 

 

制約:十文字以内に収めなければならない

 

爺婆桃団子犬猿雉鬼財

 

 

制約:三文字以内に収めなければならない

 

桃対鬼

 

 

制約:一文字以内に収めなければならない

 

 

 

制約:名詞・擬音・感嘆符以外の使用禁止

 

爺さん婆さんババーン! 爺さん柴ザックー!! 婆さん洗濯物ゴッシゴッシ!! 巨大桃ドンブラコドンブラコ! 爺さん桃パッカーーーーーーン!! 赤子ババーーーーン!! 桃太郎ドドーーーーン!! 桃太郎スックスック!! きび団子モッチモッチ!! 犬ワオーーーン!! 猿キッキーーー!! 雉ケーーーン!! 犬ワオーーーン!! 鬼ヶ島ドーーーン!! 鬼ブワァーーー!! 犬ワオーーーン!! 桃太郎シャキーン!! 刀シャキーン!! 鬼ズバッ!! アキレス腱ズバッ!! 犬ワオーーーン!! 鬼ズバッ!! 犬ガブッ!! 猿バリバリッ!! 雉グサグサッ!! 目ン玉グサグサッ!! 鬼グッシャグシャ!! 犬ワオーーーン!! 桃太郎刀ブワァー!! 鬼ズバズバズバッ!! 鬼ボッロボロ!! 犬ワオーーーン!! 鬼ペッコペコ!! 土下座ペッコペコ!! 財宝ザックザク!! 桃太郎ウッハウハ!! 犬ワオーーーン!! 犬ワオーーーン!!

 

 

制約:特定の嗜好を持ち合わせた読者層に向けた表現を用いなければならない

 

 お婆さんが拾った桃から生まれた桃太郎はスクスクと育った。お爺さんは父親代わりとして桃太郎の面倒を見ていたが、何処に出しても恥ずかしくない好青年へと化していった桃太郎に、やがてお爺さんは父性とは違う特別な感情を抱くようになっていった。

 それは桃太郎も一緒である。彼はいつの間にかお爺さんの姿を、育ての親を見るものとは別の視線で追うようになっていたのだ。

 互いの気持ちを押し殺し、すれ違う生活を続ける桃太郎とお爺さん。若き桃太郎のまさに桃のような美しいヒップラインに、お爺さんは日がな自分の山で芝刈りする妄想を止めることができない。老いてなお、このような情熱に駆られることもあるのか。それはお婆さんと若き頃に過ごした濃厚な蜜月に抱いていたそれとは比較にならないものであった。

 ある日、桃太郎はお爺さん、お婆さんの前に真剣な面持ちで座ると、意を決したように言った。

「僕は鬼ヶ島へ鬼を退治してきます」

 桃太郎の決意は堅かった。鬼の尽くす暴虐の限りを許せなかった、というのも本音ではあるが、その一方でこの家を離れたいという気持ちがあったのだ。このままでは日増しに強くなるお爺さんへの恋慕の情を抑えることができない。それは育ての親を裏切り、自分の居場所である幸せな家族を壊しかねない。恋焦がれて平静を失った若き青年は、このような形でしか問題を遠くへ放る手段を思いつかなかった。

 しかし、それは『死んでくる』と宣言しているのと同義だった。今すぐにでも彼を止めたいという気持ちを眠らせながら、二人は桃太郎の判断を肯定した。彼の決意を大事にした。だが、お爺さんの胸の内は破裂しそうなせつなさで締め付けられている。

「おおっと、そんなことをする必要はないぜ。俺から出向いてやったからな」

 突如現れたのは鬼だった。

「お前が桃太郎か。噂通りの色男じゃねえか。ちょうど女は犯し尽くしたあとで飽き飽きしていたんだ。お前の身体、もらっていくぜ」

「何をする、やめろ!」

 鬼の力は強かった。腕自慢の桃太郎ですら、簡単に組み伏せられてしまった。

 抗おうにもなされるがまま、身体に手を這わされる桃太郎。お爺さんとお婆さんはその姿を、なす術なく眺めるしかできなかった。桃太郎は乞うた。頼む、見ないでくれ……。

「や、やめてくれ。せめて、せめて別の場所で……!」

「そんなこと言ったってお前のきびだんごはもうこんなに日本一じゃねえか」

 鬼は桃太郎の桃尻に目を付けた。その滑らかな曲線に、鬼も思わずドンブラコ。

我慢できずに自身の金棒を引っ張りだす鬼。そのとき、鬼に向かって一本の包丁が投げつけられた。

「い、いますぐ桃太郎を放せ! ワシの大事な息子、いや……ワシの大事な男じゃぞ!」

お爺さんだった。ナタを手に持ち、足を恐怖で震わせながらも鬼に向かって果敢に立ち向かっている。

彼の背中を押しているのは、子を想う親心か。恋の情熱か。いずれにしてもそこに立っていたのは、まごうことなき一人の『漢』。

「なんだジジィ、ジャマをするならお前から喰ってや……」

「やめろ! お爺さんには手を出すな!」

 鬼の怪力が振り切られた。自由になった桃太郎は鬼とお爺さんの間に立つ。

 桃太郎の目を見つめる鬼。そのとき、豪快でありながらも繊細な感覚を持つ妖怪は一瞬にして悟った。この二人の間に流れる、海よりも深い愛の存在を。

「……ふん、そういうことか。邪魔したな、俺は帰る」

「なんだと?」

「やっぱり男に手を出すのはやめにしたってことだよ。その爺さんの男気にやられちまってな」

「お、おい待て!」

「まあ、二人でよろしくやってるんだな。鬼の居ぬ間に洗濯、ってな。おっと、洗濯するのはお婆さんの方だったかな?」

 そして鬼は姿を消した。桃太郎はお爺さんの勇気に触れて思った。自分に正直になろうと。お爺さんは勇気を出してわかった。今なら自分を偽ること無く生きられると。やがて二人は熱い視線で見つめ合う。

 一方、お婆さんは桃太郎総受けの薄い本を作っていた。

 

(作者のツイッターアカウントはこちらです。よろしければフォローお願いします)